会長挨拶

#

平川 剛

会員の皆さまへ

薬剤師会組織の充実発展のため次のことをお約束します

  • 薬局は医療計画における医療連携体制の中で医療提供施設として位置づけられています。また、薬事法の一部改正により一般用医薬品販売制度が新しくなり、副作用等のリスクに応じた医薬品の分類、情報提供による販売形態が創設されました。また、すでに実施されている後期高齢者医療制度への対応と並行して医薬品の適正使用や患者様の安全確保を最優先するとともに“薬の選択”を適正に助言し医療制度の財源確保に協力します。
  • 今後は在宅医療の重要性がさらに増し、患者様を中心としたチーム医療の一員として他の医療専門職との機能分担や業務連携が強く求められることになります。これらの医療環境の変化に対応するため薬剤師の資質向上を目的とした研修会をさらに充実させ自己研鑽の機会を数多く提供します。また、「薬学教育6年制」の施行に伴い認定実務実習指導薬剤師の養成や実務実習受入れ薬局の整備、育成に努めます。

 

区民の皆さまへ

  • “顔の見える薬剤師”をめざして
    行政と連携し薬剤師が薬局を飛び出し、みなさまの前で「正しい薬の飲み方」や「薬物乱用防止」などを出前講演します。また、「健康、介護、環境」などに造詣深い有名人を招いての文化講演会を開催します。
  • “くすりの手帳”をさらに普及します
    くすりの服用情報を共有し、飲み合わせによる副作用の未然防止に努めるとともに、医薬品に関する適切な指導・助言ができるよう“くすりの手帳”の更なる普及に努めます。